キリスト教式

英語と日本語を織り交ぜてお話ししてくださる牧師先生の尊い教えを抱き、
おふたりは神様に永遠の愛を誓います。

1.入場

はじめに、ご新郎が入場し、祭壇前でご新婦を待ちます。
その後、ご新婦はお父様とご入場し、ご新郎はご新婦お父様よりご新婦の手を受取り、ご新婦とともに祭壇へ進みます。
ご入場の際、新郎新婦おふたりでのご入場やリングボーイ、フラワーガールによるお手伝い、ベールダウンセレモニーも可能です。

2.指輪交換

おふたりの結婚の誓いを形にし、誓いの証として指輪交換をします。
ご新郎、ご新婦の順に相手の薬指に指輪をはめます。

3.ベールアップ&ウェディングキス

ご新郎はご新婦のウェディングベールを上げ、誓いのキスを交わします。
唇・頬・おでこ等どこでも可。

花嫁がベールをするのは「魔除け」のアイテムであり、邪悪なものから守るという意味があります。同時にベールは夫婦となるふたりの垣根を意味し、その垣根を取り払うという意味も込められています。

4.署名

結婚証書にご新郎ご新婦が署名をします。

5.結婚宣言

牧師が聖書の上にふたりの手を重ね、神の祝福がありますよう祈りを捧げます。
牧師は神の名のもとに結婚が成立したことを参列者に向かって宣言し、閉式となります。

6.退場

ご新郎ご新婦は腕を組んでチャペルを退場します。

フラワーシャワーやバブルシャワー、ブーケトス、バルーンリリースなどの演出を行うことができます。