神前式

和装に身を包んだおふたりが参列者に見守られながら神殿で行われる日本古来の荘厳な挙式です。

1.修祓(しゅうばつ)

斎主・巫女の先導のもと“花嫁行列”が本殿まで進みます。
斎主による祓詞(はらいことば)に続き、清めのお祓いを受けます。

2.祝詞奏上(のりとそうじょう )

斎主が神前にご新郎ご新婦の結婚を報告し、幸せが永遠に続くようお祈りします。

3.三献の儀(さんこんのぎ )

三三九度の杯の儀式のこと。ご新郎ご新婦が大中小3つの盃で交互に御神酒をいただくことで、永遠の契りを結びます。

4.誓詞奏上(せいしそうじょう )

ご新郎ご新婦が神前に進み出て、誓詞(誓いの言葉)を読み上げます。 

5.指輪交換

指輪の交換をします。

6.玉串奉天(たまぐしほうてん )

ご新郎ご新婦が神前に玉串を捧げ、「二礼二拍手一礼」をし、両家代表が続きます。

7.親族杯の儀

ご両親をはじめ、ご両家の親族が順に御神酒をいただきます。

8.浦安の舞

浦安とは「心の安らか」という意味で、「心やすらかな平和を祈る心の舞」であり、平和と安泰を願い ます。斎主が、結婚の儀がとどこおりなく終了したこと報告し、閉式となります。